タバコと比較して安全性の高い電子タバコ

通販サイトを見てみると、電子タバコと呼ばれる商品がいろいろなメーカーから販売されています。タバコの煙の代わりに水蒸気を吸い込むことでタバコを吸った時と同じようなリラックス効果の期待できるアイテムとされています。電子タバコにはいろいろなメリットがありますが、その中でも大きいのは従来のタバコと比較して健康リスクの低くなる点に注目しましょう。タバコが健康に良くないといわれているのは、タールや一酸化炭素のような体に有害な物質が数多く含まれているからです。長年吸い続けているとがんやCOPDのような病気を引き起こす可能性も高いです。しかし電子たばこの場合、プロピレングリコールやグリセリン、ニコチンなど有害な物質は従来のタバコと比較すると圧倒的に少ないです。実際アメリカの医者なども「タバコと比較して健康への害の危険性は低い」としています。

周囲に迷惑をかけない特色

喫煙が問題になっている点として、受動喫煙があげられます。受動喫煙とは自分はたばこを吸っていなくても、周りに喫煙者がいるとその人のタバコの煙を知らず知らずのうちに吸い込んでしまって、喫煙者と同じような健康リスクを受けてしまうことです。電子タバコの場合、このような受動喫煙によって、周りの人に迷惑をかける心配のないところもメリットの一つです。小さな子供などの家族のいる方は、自分の家族を健康被害に巻き込みたくないと思っているでしょう。ならばタバコをやめて電子たばこにスイッチすることをお勧めします。ただし電子たばこは周りに迷惑をかけないからといって、どこででも喫煙していいという話にはなりません。禁煙スポットでは吸わないなどのエチケットを守ることもきちんと意識することです。

タバコと比較して節約効果が大きい

電子たばこは通常いくつかのアイテムがセットになった、スターターキットという形で販売されています。これを除くと1週間当たりのコストは2000円に届かないはずです。現在のタバコの価格を見てみると、だいたい400円以上するものが多いはずです。1週間にたばこ5箱以上吸う人であれば、電子たばこにスイッチすることで出費を安く抑えられます。おそらく喫煙者の中で、毎日1箱以上吸うという人は多いでしょう。そう考えると、電子たばこに変えることで節約効果も期待できるでしょう。お金が余るので、その分を今まで使えなかったところに回せます。家族がいれば、家族サービスのための資金に回すのもいいかもしれません。