電子タバコのお手入れをしたい!

電子タバコを長く愛用するためには、お手入れすることも大事です。しかしここで留意しておかないといけないのは、電子タバコは精密機器の一種ですから誤った方法でお手入れしてしまうと、かえって故障の原因となることもありうる店です。電子タバコをお手入れするときにポイントになるのは、バッテリーの部分を水に触れさせないようにすること、お手入れをした後はしっかりと乾燥させることに注意を払いましょう。ただしどのような機種を使っているかによって、取扱の方法にも違いが出てくるかもしれません。そこで取扱説明書にお手入れのやり方について解説が載っているでしょう。こちらに目を通して、そのやり方を参考にメンテナンスを心がけることです。

お手入れをする頻度はどのくらいがおすすめ?

お手入れをするにあたって、どのくらいの頻度で行うべきかという問題が出てくるでしょう。口コミサイトを見てみると、「リキッドの交換をするたび」という意見の人もしばしば見られます。これは理想です。しかしリキッドを交換するためにこまめなお手入れをするのは、どの人でもできることではないかもしれません。そこでタバコを吸った時に感じを参考にしてみるといいでしょう。例えば以前と比較して同じリキッドを使っていても味が変わったと感じた時や煙が乾いてきたと思った時にはお手入れのタイミングが近づいてきていると思ったほうがいいです。だいたい目安としては、1週間に1回程度のペースでいいでしょう。この際は、水やお湯を使った簡単な水洗いで十分です。本格的なお手入れをするのであれば、2週間から20日程度が目安となります。エタノールなどを使ってお手入れをします。

お手入れの際の注意点は?

お手入れをするときに覚えておいておかないといけないのは、基本本体には防水加工が施されていない点です。アトマイザーというリキッドを入れるところくらいしか防水処理はされていないと思ったほうがいいです。ですからお手入れをする際には、水の取り扱いには細心の注意を払ったほうがいいです。またお手入れをした後には、しっかり乾燥させることが大事です。例えばバッテリーとアトマイザーのジョイントするところに水分が残っていると、いざ使おうとしたときにショートを起こしてしまう恐れもあるからです。パーツごとにお手入れをすれば、再度組み立てる必要があります。この時、あまり締めすぎると、今度お手入れをするときになかなか外れないなどの不具合の生じる恐れもあります。ですからパーツを組み立てる際には、ほどほどに締めることも心がけましょう。