電子タバコを使用するためには3つのアイテムが必要

タバコのようにたばこ1本あればいつでも吸えるのとは少し違っていて、電子タバコの場合3つのアイテムが吸う際には必要になります。まず本体と水蒸気を発生するためのリキッドが必要です。そして「電子」タバコですから電気の力を使って、動かします。そこで充電器も必要です。つまり電子タバコを吸うためには、本体とリキッド、充電器の3つがなければなりません。それぞれを個別に購入することも可能です。しかし初心者であれば、スターターキットと呼ばれる入門キットがおすすめです。先に紹介した3つのアイテムがセットになっていますし、販売元も業界大手なので安全性も担保されているというメリットからあるからです。ただし何度か使用してみると、煙の吸い込み感が満足いかないとか壊れてしまったのであれば、個別に自分好みのものを買い求めていって、自分にマッチするオーダーメイドに近いタバコを見つけてみるのも楽しみの一つといえます。

主に4種類あるフレーバー

先に紹介したように、リキッドは電子たばこを使って喫煙する際に欠かせないアイテムです。リキッドには数種類のフレーバーが用意されています。このフレーバーは、大きく4つの系統に分類されます。どれが自分に合っているか、いろいろと試してみるといいでしょう。まずはいわゆる市販のタバコと同じようなフレーバーです。実際に吸ってみた人の体験談として「本物のタバコを吸っているかと錯覚してしまった」という意見は数多くみられます。2つ目はお菓子やフルーツのような食べ物のフレーバーがあります。各種果物のほかにも、チョコやバニラ風味のリキッドも販売されています。3つ目の系統として、ドリンク風味があります。コーヒーフレーバーなどは一度にたばことドリンクを楽しめるでしょう。最後の系統は同じ飲み物ではありますが、お酒系のフレーバーです。リキュールやカクテルの味のするリキッドも見られます。このようにいろいろなフレーバーのリキッドが販売されています。

自分に合ったフレーバーを見つけるのがポイント

このようにいろいろなフレーバーが販売されているので、まずはいろいろなものを試してみるといいでしょう。そしてその中で、自分が好きと思えるフレーバーをまずは見つけてみることです。さらには自分で先に紹介したフレーバーを混ぜ合わせる方法もあります。そうすれば、フレーバーの種類は無限大です。いろいろと試してみて、自分に最も合うオンリーワンのフレーバーを開発していませんか?このように自分で自分に合うフレーバーを見つける・開発していくのも電子たばこの醍醐味の一つといえます。