電子タバコを吸うために・準備の仕方をマスターしよう

従来のタバコは、ライターなどを使って火をつければ簡単に吸うことができます。しかし電子タバコの場合、そのような簡単な仕組みにはなっていません。電子タバコには本体とリキッド、充電器などのアイテムが複数必要です。ですからタバコを吸う前にある程度の準備をする必要のあることは頭に入れておきましょう。準備の方法をマスターしておかないと故障する可能性があります。おそらく商品を購入すると、取扱説明書も同封されているはずです。面倒くさがらずに、この取扱説明書には目を通しておきましょう。メーカーによって多少の違いがあるかもしれません。しかし本体にリキッドを入れて充電して数という基本的な流れはほぼ一緒です。

バッテリーを充電することが大前提

タバコを吸うためには、そもそも電気で動くアイテムですので充電する必要があります。現在販売されているものを見ると、バッテリーは大きく2種類に分類することができます。バッテリーが本体にもともと内蔵されているものとリチウム電池を本体にセッティングするものです。一般的な傾向として、リチウム電池の内蔵されているもののほうが出力も高めなので、より慎重な取り扱いが求められます。バッテリー内蔵タイプは簡単で、USBにさすだけで充電可能です。初心者におすすめのタイプといえます。リチウム電池の場合、専用の充電器にセッティングします。充電にかかる時間はmahによって変わります。650mahで2~3時間、900mahで4~5時間が目安だと思いましょう。海外で利用する場合には、電圧が日本と異なりますので注意する必要があります。異なる電圧のコンセントに差し込むと、最悪爆発する危険性もあるからです。

リキッドを本体に充填しよう

充電できたところで、本体にリキッドを補充します。本体にはアトマイザーと呼ばれる部分があるので、こちらをまずは取り外します。そしてリキッドを入れればいいのですが、アトマイザーには上から入れるタイプと下から入れるタイプの2種類があります。どこからリキッドを入れればいいかですが、側面に沿う形がおすすめです。この時アトマイザーを見てみると、中央あたりに小さい穴が開いているはずです。これはたばこを吸うときに蒸発したリキッドの水蒸気を吸うための通り道になっています。誤ってこの部分にリキッドを入れてしまうと、リキッドがダイレクトに液体のままで口に入ってしまいます。また放置すると、バッテリーとアトマイザーの通電するところに侵食してしまって、故障の原因となる可能性がありますので注意しましょう。